教育目標

 1.本村幼稚園教育目標  

 人権尊重の精神を基調とし、心身ともに健康で、たくましく生きる人間性豊かな幼児を育成します。
             
 明るく元気な子ども   よく考える子ども   心豊かな子ども
                       
 2.目指す幼稚園像

   (1)「幼児一人一人が光り輝く幼稚園」
  〇心身の調和のとれた発達の基礎を養いながら、幼児一人一人が光り輝く人格形成を目指す。
  〇幼児が多様に生活経験できる場と活躍できる場を、年間を通して意図的・計画的に設定していく。
  〇遊びを大切にした保育の中で幼稚園生活を楽しみながら身近な人と親しみ、個性が輝く心身共に健康な幼児の
    育成に努める。

  (2)「幼児が楽しく登園でき、安全に過ごせる幼稚園」
 〇いつも温かく寄り添い、導いてくれる先生がいる環境をつくる。
 〇興味が湧きたつ環境や、安全に自主的に遊べる環境が整っていることを目指す。
 〇社会生活における望ましい習慣や態度を身に付けるように躾をする。

  (3)「教師の毎日の計画と実践が幼児の保育に生かされる幼稚園」
 〇幼稚園教育要領に基づく年間指導計画の実施に長期的な見通しをもち、創意工夫ができる。
 〇教職員相互の連携が保たれ、協力して保育活動ができる。
 〇園内外及び高陵アカデミー等の組織と連携して保育活動の進展が期待できる。

  (4)「保護者が保育内容に共感し、信頼できる幼稚園」
 〇教職員が子供をよく理解し、適切な教育指導がされている。
 〇幼稚園の教育方針・保育内容を公開し、信頼を得られる。
 〇教職員が礼儀正しく、明るく元気で明朗で親しみがある。
 〇幼児が安心して生活できる環境が整い、清潔で安全である。

 3.経営目標と方策
   (1)幼稚園教育と小学校教育との円滑な接続のため、幼児と児童の交流の機会をさらに増やすと共に、高陵アカデ
       ミーのもと、幼稚園と小学校・中学校の教員同士の意見交換や合同の研究の機会を設け、連携を図っていく。
   (2)外国籍の幼児には、日本語の環境にゆるやかに順応できるように配慮すると共に、それぞれの国の文化を尊重
              する活動を保育指導計画の中に取り入れるようにする。併せて危険回避、緊急時の対応については使用言語に
       よる障害が発生しないようにする。
   (3)障がいのある幼児の指導に当たり、集団の中で生活することを通して全体的な発達を促していくことに配慮し、関
      係諸機関と連携して個々の幼児の状況及び特性等に応じた指導を行う。
   (4)幼児の社会性や豊かな人間性を育むため、本村小学校若竹学級の児童と活動を共にする機会を設けるようにし
      ていく。
   (5)保護者及び地域との連携を密にしながら本村幼稚園の存在を意識付ける活動の機会を増やし、さらに一
人一人の
      幼児に愛園心を育てていく。
   (6)本村小学校との連携を図り、危機管理マニュアルを充実させ、地震及び災害などの急時に適切な行動がとれる
      ようにするための訓練なども行うようにする。
ほんむらん
 
 









本村幼稚園シンボルキャラクター 「ほんむらん」  (平成23年度 開園40周年記念に制定) 
太陽の子、明るく元気な子供のイメージを具体的で身近なお手本となるようにしています。
 

沿革

 
 

施設

 
施設配置図
  園舎施設
 鉄筋コンクリート
 地上4階地下2階建て
 (港区本村小学校1階に併設)
 保健室(2)遊戯室(1)
 職員室(1)教材室(1)
 倉  庫(1)園庭、砂場

 
 

園歌

園歌

 
 

園の一日の様子


本村幼稚園の一日の様子
一日の様子写真一日の様子写真
一日の様子写真一日の様子写真
一日の様子写真
一日の様子写真
一日の様子写真
一日の様子写真
 

幼稚園要覧

幼稚園経営計画

28経営計画.pdf

                                             
                                                                        ダウンロードはこちら