園長あいさつ

        ぺんぎん     ようこそ本村幼稚園へ       ぺんぎん

港区立本村幼稚園
園 長  山村 登洋

 本村幼稚園は、今年度は44年目の年を迎えています。本村幼稚園は港区の中央に位置した南麻布の丘の上に建ち、近隣には東京都立有栖川公園もあり、自然にも恵まれた幼稚園です。よく遠足にも行きます。また、同じ敷地内に「本村小学校」があり、子供たちは校庭・体育館・屋内プールなど小学校の施設も一緒に使って、幼稚園と小学校が協力して生活しています。兄弟姉妹関係も多いです。
 幼稚園の園庭は平成29年度には人工芝になる予定です。来年度から工事が始まります。敷地内にはビオトープや花壇があり、陽当たりもよく、子供たちがのびのびと活動できるとても広い園庭です。
 園児数は、平成27年7月1日現在56人で、2学級です。年長クラス(5歳児)は「はと組」、年中クラス(4歳児)は「りす組」と言います。りす組の入園は30名で、定員の上限数までになりました。来年度も増えることが予想されます。
 また、地域の、麻布本村町会、南麻布富士見町会や高陵地区委員会の方々のご協力のもと、また、PTAのお力添えによって「親子運動会」「本村夏まつり」「カレーパーティ」「親子プール教室」「お茶会」「書道教室」「餅つき会」など多くの行事に取り組めます。幼稚園評議委員会にもいつも見ていただいています。
 本村の町は、大使館やインタナショナルスクー
ルがたくさんあり、国際的な感覚の町です。高陵中学校・笄小学校・本村小学校・本村幼稚園の3校と1園が、高陵アカデミーとして協力・連携しあって、目標である「世界に生きる子供」をこれからも育んでいきます。恵まれた環境と、温かい人々に囲まれた中、地域の宝である本村の子供たちの健やかな成長に教職員一丸となって、教育活動を推進していきます。どうぞご理解とご協力をお願いいたします。